本文へスキップ

Creative & Thinking Play -創造と思考のFootBall-

基本方針POLICY

目的・方針

地域スポーツの振興及び普及、子供の健全育成に寄与することを
 基本目的とする。
ジュニアからシニアまでの一貫したクラブ体制で、地域に根ざし
 たスポーツクラブとしての活動を基本とする。
専任指導者による、一人一人の個性を重視し発達段階に応じた指
 導を基本とする。
生涯を通じてサッカーを愛し続けれる選手の育成を基本とする。
型にはめることのせず、創造し考えるサッカーを基本とする。
徹底した個人の育成のため、人間力と技術向上を第一に考え、下
 記を育成目標の3本柱とする。
 人間育成(挨拶・協調性等)の手助け
 基礎運動能力の向上
 個人技術と個人戦術の習得<個性を尊重しながら>

カテゴリー別指導目標

U-15

ジュニアの選手達の見本となれる選手になろう!

人間育成
 ・社会に出て必要とされる人間育成。
 ・率先垂範。
 ・自分の考え、意見をしっかりと持って伝えられる事が出
  来、人の話を聞くことも出来るように。
 ・人を思いやる気持ちを育てる。
基礎運動能力の向上
 ・早く強いプレッシャーの中でもスキルを発揮できる運動
  能力の向上。
 ・フルピッチで戦い抜くために必要な基礎体力の向上。
技術戦術の習得
 ・パーフェクトスキルの獲得を大切に。
 ・ONとOFFの動きの違いを追求する。
 ・"Best"プレー(Betterで妥協しない)を判断する能  力を身につけ、実際の試合で発揮できるように。

U-12

小学校最高学年に相応しい行動が出来る選手になろう!

人間育成
 ・時間の厳守。
 ・挨拶、返事を大きな声で、積極的に。
 ・自分の気持ちや考えを人に伝えられるように。
 ・試合や練習の会場準備、後片付けを自発的に、迅速に
  行えるように。
基礎運動能力の向上
 ・1対1に強くなる試合を戦い抜くために必要な基礎体
  力の向上。
 ・様々な動きの要素をトレーニングに盛り込み、バラン
  スの取れた運動能力の向上。
技術戦術の習得
 ・止める、蹴る、運ぶ、観る力の向上。
 ・1対1に強くなる。
 ・プレー中の優先順位を明確に判断する。
 ・OFF(ボールがない時)の動きと考え…角度と距離
  、動き出し。

U-11

当たり前のことを当たり前にできる選手になろう・・・・!

人間育成
 ・時間(集合・練習開始・片付け)を守って行動する。
 ・誰にでも元気よく率先して挨拶が出来るようにする。
 ・自分の考えをしっかりと持ちながらも、人の意見に耳
  を傾け、指示されたことには素直に行動が出来る力を
  つける。
 ・仲間のために、チームのために何が出来るかを考えて
  、責任ある行動力を身につける。
基礎運動能力の向上
 ・サッカーを通じて、走る、蹴る、飛ぶの基本能力を高
  める。
 ・ストップ、ターンの運動を通して方向転換能力を高め
  る。
技術戦術の習得
 ・身体の様々な部位で、止めて、蹴れて、運べる力。
 ・上記3要素を常に状況を観てプレーできる。
 ・意図のあるプレーができる。

U-10

サッカーを仲間で楽しんでより好きになろう・・・・!

人間育成
 ・楽しく集中力を高める。
 ・自発的に考え行動する。
 ・自分に負けない精神力を身につける。
 ・「感謝」の気持ちを持って活動する・
 ・元気よく挨拶!
基礎運動能力の向上
 ・サッカーを通じて体を動かす楽しみの中から基礎運動
  能力を身につける。
技術戦術の習得
 ・よい姿勢で正確にプレーできる。
 ・声を出してプレーできる。
 ・動きながらプレーできる。
 ・相手を意識したプレーができる。
 ・観て、考え、正しく判断できる。

U-9

元気よくチャレンジ!

人間育成
 ・挨拶等、基本的な礼儀を身につける。
 ・自発的に考え、「感謝」「思いやり」「協調性」を持って行
  動する。
 ・「話を聞く」「練習に取り組む」「試合に臨む」「遊ぶ」等メ
  リハリを持ち、集中力を高められる人間育成を目指す。
基礎運動能力の向上
 ・サッカーを通じて、体を動かす楽しみの中から基礎運動
  能力を身につける。
技術戦術の習得
 ・リフティング回数の自己記録を毎月更新させる。
 ・声を出して元気よくプレーできる。
 ・相手を意識したプレーができる。
 ・観て、考え、判断し、チャレンジ精神を持ったプレーがで
  きる。

U-8

サッカーを楽しみ上手になる!

人間育成
 *あいさつをしよう
  ・おはよう、こんにちは、さようならとゲームでの整列、
   握手の実行。
  ・素早い集合と話が聞ける態勢づくり。
 *みんなでがんばろう
  ・自分の力を精一杯出して、全員でがんばり、仲間を
   認めて大切にする。
  ・ゲームを見て、仲間を応援できるようにする。
 *じぶんでやろう
  ・ボールや鞄の管理を自分で行い忘れ物を無くす。
  ・用意、片付けを積極的にする。
基礎運動能力の向上
 *とんだり、はねたり、かわしてみよう
  ・鬼ごっこや競争等で、楽しく色々な動きを習得して、
   神経系の発達の手助けをする。
技術戦術の習得
 *ゲームがたいせつ
  ・ボールを持った時の選択肢を多くする。
  ・シュート、ドリブル、パス等を見て選ぶ習慣づけ。
 *クーバーテクニックをおぼえよう
  ・ボールをいろいろな箇所で扱えるようにする。
   (特に両足を扱えるようにする)
  ・顔を上げて空いたスペースを狙えるようにする。
 *リフティングをがんばろう
  ・ボールを蹴るポイントと止める感覚を身につける。

U-7・U-6

よりサッカーを好きになる為に!

人間育成
 ・コーチや友達同士だけでなく内外問わず、誰にでも元気
  良くあいさつできるよう習慣づけていく。
 ・徐々に自分の事は自分でできるよう各家庭とも協力し
  ながら対応していく。
 ・楽しい雰囲気の中で、仲間と協力し合う楽しさや、喜び
  を感じてもらい、相手を思いやる気持ちを持てるよう
  にしていく。
基礎運動能力の向上
 ・鬼ごっこなどの遊戯性の高い練習を中心にして楽しみ
  ながら俊敏性や身のこなしを身につける。
 ・ボール以外にも、ラダ-等の器具を使ったステップ等
  の練習を取り入れる。
技術戦術の習得
 ・飽きさせないように多様なメニューを取り入れながら、
  利き足だけでなくボールに馴れてもらい、将来的には
  両足が使えることを目差す。
 ・ゲームでは特に楽しさを強調し、その中で、競争、技術、
  対人簡単なルールを徐々に身につけてもらう。

守山フットボールクラブ

練習会場 小幡緑地西園
名古屋市守山区牛牧中山1632

担当事務局:TEL 070-5407-9713